ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

2016年12月23日 9時18分16 : 0
ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ
alanhgtx
投稿者
@alanhgtx

 ボーイングは現地時間12月22日、500機目の787型機をコロンビアのアビアンカ航空へ引き渡したと発表した。

 500機目となったのは787-8。座席数は2クラス250席で、エンジンは英ロールスロイス製トレント1000を採用している。アビアンカは2006年10月4日に787-8を15機発注しており、2014年12月17日に初号機を受領した。

 787は2011年9月25日、ローンチカスタマーの全日本空輸へ初号機となる787-8の中距離国際線仕様機が引き渡された。世界初の787の商業フライトは、2011年10月26日の成田発香港行きチャーター便のNH7871便で、定期便は国内線が2011年11月1日の羽田発岡山行きNH651便、国際線は2012年1月14日の羽田発北京行きNH1255便だった。

 ボーイングによると、航空会社48社が787で530路線以上を運航しており、これまでに69万6000便の商業フライトが運航され、1億3300万人の旅客が運ばれたという。また、世界中で120路線以上の直行便が新設された。

 11月末現在、1210機を受注。内訳は標準型の787-8が431機、長胴型の787-9が625機、超長胴型の787-10が154機で、半数以上の51.7%が787-9となっている。

 日本の航空会社では、ANAを傘下に持つANAホールディングスが世界最多となる83機、日本航空が45機発注している。両社とも787-8は全機受領済み。

参考、引用リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000001-awire-bus_all

Quumuはブラウザのcookieを利用しています。有効にしない場合はログインできません。
スポンサードリンク広告

Advertising

スポンサードリンク広告

同じカテゴリにトピックスを作る

PICK UP TOPICS



同じカテゴリにトピックスを作る

スポンサードリンク広告

カテゴリ一覧

ボーイング、500機目の787納入 アビアンカへ

Copyright © quumu.com , 2015 All Rights Reserved. Version 1.2.1