<台湾>日本食品の禁輸緩和反対でデモ 原発事故受け

2016年12月26日 3時16分38 : 0
<台湾>日本食品の禁輸緩和反対でデモ 原発事故受け
alanhgtx
投稿者
@alanhgtx

 【台北・鈴木玲子】日本食品の輸入規制緩和に反対するデモが25日、台北市中心部で行われた。野党・国民党を中心に約1万5000人が参加した。

 これに先立ち北部・新北市で同日、規制緩和に関する公聴会が開かれる予定だったが、来場者が暴れて警官ともみあうなど混乱。議論はできず、座談会に切り替わった。

 福島第1原発事故後、国民党の馬英九前政権は福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産食品の禁輸措置を続けてきた。5月に発足した民進党・蔡英文政権は、福島を除く4県産で一部を除き原則輸入解禁とする方針を打ち出した。

 しかし国民党や環境保護団体を中心に猛反発。反対派は「放射能で汚染され、日本人が食べない汚染された『核災食品』が台湾に入ってくる」などと主張。実際は日本で市場流通する4県産が対象なのだが、こうしたイメージが前面に押し出されて消費者の不安心理をかきたてている。与野党の政治闘争に結びつき、問題を複雑にしている。

参考、引用リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000036-mai-int

Quumuはブラウザのcookieを利用しています。有効にしない場合はログインできません。
スポンサードリンク広告

Advertising

スポンサードリンク広告

同じカテゴリにトピックスを作る

PICK UP TOPICS



同じカテゴリにトピックスを作る

スポンサードリンク広告

カテゴリ一覧

<台湾>日本食品の禁輸緩和反対でデモ 原発事故受け

Copyright © quumu.com , 2015 All Rights Reserved. Version 1.2.1