中国国防省、軍の副参謀長を汚職容疑で調査

2016年12月29日 22時00分34 : 0
alanhgtx
投稿者
@alanhgtx

[北京 29日 ロイター] - 中国国防省は、中央軍事委員会の統合参謀部の王建平副参謀長を収賄の疑いで調査していると発表した。汚職容疑での現職の軍幹部の取り調べとしては最高位の1人となる。

国防省報道官が月例会見で明らかにしたが、これ以上の詳細は明らかにしていない。

香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は8月、副参謀長が妻と秘書とともに拘束されたと伝えていた。

副参謀長は2009-14年、収賄などで無期懲役が確定した周永康・前共産党政治局常務委員の直属として人民武装警察部隊を指揮していた。

参考、引用リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000056-reut-cn

Quumuはブラウザのcookieを利用しています。有効にしない場合はログインできません。
スポンサードリンク広告

Advertising

スポンサードリンク広告

同じカテゴリにトピックスを作る

PICK UP TOPICS



同じカテゴリにトピックスを作る

スポンサードリンク広告

カテゴリ一覧

中国国防省、軍の副参謀長を汚職容疑で調査

Copyright © quumu.com , 2015 All Rights Reserved. Version 1.2.1