月額0円から始まる「0 SIM by So-net」は単なる“オマケ”では終わらない(かもしれない)

2016年1月6日 20時14分35 : 0
月額0円から始まる「0 SIM by So-net」は単なる“オマケ”では終わらない(かもしれない)
alanhgtx
投稿者
@alanhgtx

 2015年のクリスマスに発売された「デジモノステーション 2016年2月号」に、「コラボSIM」なるものが特別付録として付いてきました。このSIMカードは、デジモノステーションがソネットとコラボレーションして実現したもので、ソネットの「0 SIM by So-net」に、デジモノステーション独自の期間限定特典をプラスしたものです。

 0 SIMの最大の特徴は、月間500MB未満のデータ通信を月額料金0円で使えるということ。しかも、コラボSIMなら契約事務手数料・パッケージ料金が不要で、雑誌を買うだけでSIMカードが手に入るということもあり、デジモノの2016年2月号はあっという間に書店から消えてしまいました。一部のオークションサイトやショッピングサイトでは、プレミアム価格で販売していることもあるようです。

 現在のところ、0 SIMを利用するにはデジモノを入手する必要があります。しかし、0 SIMの開通手続き中に、“雑誌の付録ではない”0 SIMが登場する可能性を発見しました。

 0 SIMでは、開通手続き中にサービスに関する規約をPDFファイルでチェックすることができます。その中に、「0 SIM by So-net 国際電話サービスご利用規約」なるものを見つけました。デジモノ付録の0 SIMはデータ通信専用で、SMSや音声通話には対応していません。また、先述のとおり、0 SIMは現在のところデジモノの付録以外には存在しません。国際電話サービス用の規約が存在するということは、音声通話対応の0 SIMが登場する可能性があるということです。

 料金表も見てみたところ、0 SIMの「データ+SMS対応プラン」と「音声通話対応プラン」が存在することが判明しました。さらに読み進めると、両プランの基本料金もしっかりと設定されていることが明らかになりました。料金はSMS対応でプラス150円、音声通話対応でプラス700円という設定となっています。さすがに「月額0円から」は不可能ですが、実際に登場するとSMS対応・音声通話対応のMVNOサービスとしては最安値となります。

 これだけいろいろ“準備”が進んでいるとなると、デジモノの付録は、0 SIMの本格投入前のテストケースなのではないか、とも思ってしまいます。ソネットの広報担当に0 SIMの単品提供の可能性について質問したところ、「0 SIMの規約類は、SIMカードの単体提供を前提に作られたものではありますが、So-netの『格安SIM』の正式ラインアップに加えるかどうかは現在検討中です」という旨の回答を得られました。

 ムリしてデジモノを探さなくても、「月額0円から」のデータSIMカードが手に入る日は近いかもしれませんね。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO」

参考、引用リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160106-00000106-zdn_m-sci

Quumuはブラウザのcookieを利用しています。有効にしない場合はログインできません。
スポンサードリンク広告

Advertising

スポンサードリンク広告

同じカテゴリにトピックスを作る

PICK UP TOPICS



同じカテゴリにトピックスを作る

スポンサードリンク広告

カテゴリ一覧

月額0円から始まる「0 SIM by So-net」は単なる“オマケ”では終わらない(かもしれない)

Copyright © quumu.com , 2015 All Rights Reserved. Version 1.2.1