マクラーレン、VWのモータースポーツ代表をCEOに起用

2016年1月15日 2時24分55 : 0
マクラーレン、VWのモータースポーツ代表をCEOに起用
alanhgtx
投稿者
@alanhgtx

 マクラーレンF1チームは14日、ドイツ人のヨースト・カピートをチーフ・エグゼクティブ・オフィサーに任命したと発表した。

 マクラーレンによれば、現在フォルクスワーゲンのモータースポーツディレクターを務めるカピートは、ドイツメーカーが彼の後任を決定し次第、ウォーキングのチームに合流するという。

 1985年にBMWでモータースポーツのキャリアをスタートしたカピートは、その後ポルシェを経て、96年からザウバーに加わると98年からはチーフ・オペレーティング・オフィサーに就任。その後は、フォードのWRC活動を率いて2006年からマニュファクチャラーズ2連覇を達成し、2013年からは今のポジションでフォルクスワーゲンのWRCチームをダブルタイトル3連覇の偉業に導いた。

 マクラーレンは、カピートをCEOに起用するとともに、これまで2年弱にわたってチームのCEO代理を務めてきたジョナサン・ニールを新たにマクラーレン・テクノロジー・グループのCOOに指名。またカピートは、引き続きレーシングディレクターに留まるエリック・ブーリエのサポートを受けつつ、ニールおよびブーリエと密接に働くことになるという。

「去年の夏、初めてヨーストと交渉した」と、マクラーレン・グループ会長のロン・デニスは語っている。
「彼の個人的な野心や競争心はとても印象的で、自動車からモータースポーツまで非常に幅広い経験を持ち込んでくれる」
「BMW、ポルシェ、フォード、ザウバー、そして2012年以降のフォルクスワーゲンと上級職を歴任し、2013年からは同社を世界ラリー選手権3連覇に導いている」

「モータースポーツに関して言えば、WRCだけでなく、スポーツカーやツーリングカー、モーターサイクル、そしてF1も経験しており、膨大な知識と周囲を巻き込むほどの情熱を持っている。だから私としても、ヨーストをマクラーレンに迎え入れることができて非常にうれしい」

「エリックやマクラーレン・レーシングの皆と非常にうまくやってくれると信じており、彼らがマクラーレン・ホンダでこれまでに成し遂げた優れた仕事をさらに前進させ、グランプリ勝利やワールドチャンピオンという成功へ導いてくれると思っている」

参考、引用リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000002-rcg-moto

Quumuはブラウザのcookieを利用しています。有効にしない場合はログインできません。
スポンサードリンク広告

Advertising

スポンサードリンク広告

同じカテゴリにトピックスを作る

PICK UP TOPICS



同じカテゴリにトピックスを作る

スポンサードリンク広告

カテゴリ一覧

マクラーレン、VWのモータースポーツ代表をCEOに起用

Copyright © quumu.com , 2015 All Rights Reserved. Version 1.2.1